人生に役立つブログ

様々な経験をしてきた私の経験を書くことで何かの役に立ててもらおうとするブログです

【第16回】子供の育て方について ~子育ては親育ち~

今日は久しぶりに子育てについてお話します。

 

「子育ては親育ち」という事で、子育ては親が親になる事で成り立つという考え方です。

 

よくわからないと思うので詳しくお話します。

 

子供ができると、物理的にも法律的にも親になりますが、親の考え方や経験はゼロです。

なので、子供への接し方や教育方針について迷う事がたくさんあるかと思います。

 

では、どうやってそれらを乗り越えていくのでしょうか?

答えは、子供の育て方について考える事、勉強する事です。

 

突然ですが質問です。

Q.おもちゃで遊んでいる赤ちゃんがたまに振り返ってくる事ありますよね?

その時、あなたはどのような対応をとりますか?(とっていますか?)

 

A1:おもちゃで遊んでいるのを邪魔したくないので、できるだけリアクションしない

A2:手をふるなどリアクションをする

 

正解はA2だそうです。

理由としては、振り返る時は子供が不安に感じているので、”見ているよ”と合図を送った方がいいそうです。

 

ある本に書かれていた内容ですが、正直子供にとってどちらが正解かわかりません。本を信じてA2を選ぶも良し、自分の考えを信じてA1を選ぶも良しかと思います。そもそもこの本を読まなければ、どちらにしようか考える事もないかと思います。

 

要は、子育てをする上で色々な事を調べ勉強し、その中で正しいと思う事を選択する必要があるという事です。

 

これは、子供への接し方だけでなく、保育園or幼稚園か、私立or公立の学校か、ペットを飼いたいと言ってきた子供に対してどうするかなど、様々な事に対して必要となってくる事だと思います。

 

特に今の時代、正解がない事が昔に比べて非常に多くなっているため、親の子育て能力をあげる必要がある、つまり親育ちが必要という事です。

 

いかがだったでしょうか?

子育てには正解がないので、白黒はっきりとした事は言えないのですが、考え方の一助になれば幸いです。

 

 

今まで、これからの携帯キャリアプラン

今日は携帯料金の話をします。

 

私は現在35歳。16歳の頃に初めて携帯を買ってもらい、その後ずっと保有しています。

 

今年からLINEMOに切り替えた事を期に、今までどのような会社、プランを使っていたか気になったので、まとめてみました。

 

2003~2005年:au 3,000円/月

当時は使い放題プランもなく、基本料金についている無料料金でWebサイト、電話をしていました。(電話かける人いませんが)

 

2006~2011年:au 4,500円/月

Web定額使いたい放題プランが出てきた頃です。ガラケーの小さな画面で色々と検索していました。着うたなども流行ってきた時期で、ダウンロートにすごく容量を使っていました。また、ジャニーズの嵐が広告になったことで、売上を伸ばすため機種変料1円が出回っていたので、半年に一回機種変していました

 

2012~2015年:au 5,500円/月

この頃にスマホへ乗り換え、Web定額プランを使っていました。

auでもiPhoneの取り扱いを始め、iPhone 4Sを初めてのスマホとして購入し、2年後5Sへ乗り換えていました

 

2016~2018年:au + mineo 3,000円/月

docomo回線でしか出ていなかった格安simが、au回線からも出る事になったのがこの頃。

当時はUQモバイルとmineoのみで、プランが選べるmineoを選択。

当時のスマホはDSDSが主流でDSDVはお値段が高いので、ガラケーiPhone 5Sの2台持ちで対応。かなり面倒であったが、au 2,000円、mineo 1,000円(たしか7G)で使う事ができた

 

2019~2020年:mineo 1,000円

海外赴任していたので、最低限のプランで契約。

今ならpovoのようなほぼ無料プランがあるが、当時はなかった

 

2021年:UQモバイル 2,500円

当時格安simで回線が強く、安いのはUQだったため契約、楽天モバイルでiPhone SE2を安くで購入したかったため、すぐに乗り換える事に。

 

2022年1Q:楽天モバイルIIJmio 400円

楽天モバイルの1G無料とIIJmio 2G 400円を組み合わせて使用。

IIJmioの電波が悪く、スマホ決済ができない事が発生した事、楽天モバイル1G無料がなくなるため、すぐに切り替えを検討

 

2022年2~4Q:UQモバイル 実質600円

auカブコム証券で積立投資+UQモバイル契約で、毎月1,000円相当のポイントが付与されるキャンペーンを利用して、3G 1,600円のプランを申し込み。実質600円で使用

 

2023年~

LINEMOに乗り換え。3G990円だが、8か月間は同額のPayPayポイントが付与されるため実質無料(3~10か月目分がポイント付与されるため、厳密には初月と2か月目に1,000程円かかる)

 

 

いかがだったでしょうか?

色々と乗り換えていますが、その時々で状況が違うので、今後も情報を取りながらより良いキャリアに乗り換えていきたいですね。

【新NISA】2024年からのNISAに向けて準備すべきこと

今日は久しぶりにNISAの話をします。

 

先日税制改革内容が発表され、NISAの改定が話題となりました。

 

2024年から積立NISAは120万円/年、一般NISAは240万円/年、両NISA無期限非課税で併用可能と大幅改善となっています。

 

上限投資額が1,800万円/年となっていますが、売却の翌年には非課税枠が復活するためかなり使いやすくなっています。

 

では、新NISAに向けて準備すべきことは何でしょうか?

 

それは、できるだけ早く多く非課税枠を使えるよう、ライフプランをしっかり考える事です。

 

詳しくお話します。

 

全米株式、S&P500、全世界株式のインデックスに10~15年以上投資した場合、いままでの歴史上元本割れしたことがないことが分かっています。

 

これからも同じように推移していく保証はありませんが、高い確率で同じ事が起きるかと思います。

 

よって、できるだけ早く非課税枠を使い切り、10~15年以上投資した方が良いと考えます。

 

ただ、気を付けたい事として、10~15年以上投資したお金は引き出さないようにしないといけないという事、つまり、10~15年間計画的にお金を使っていかないといけないという事です。

 

もちろん、お金が必要になれば売却して捻出はできますが、その時に元本割れしている可能性は10~15年以上投資したケースより高くなります。

 

なので、しっかりライフプランを考えないといけません。

 

ただ、ライフプランは人それぞれなので最適解はありません

年齢、考え方、年収、価値観、家族構成。様々な要因で大きく変わります。

 

次回以降で色々なパターンを紹介していきたいと思います。

 

いかがだったでしょうか?

 

2024年まであと1年ちょっとありますが、1からライフプランを考えようと思ったら結構時間がかかるかと思います。

また、家族と相談する必要がある人もいるかもしれません。

 

年末の少し時間があるタイミングでゆっかり考え、相談してみてはいかがでしょうか?

 

【お得】全国支援旅行はツアーで行くなら2泊以上がオススメ

今日は全国支援旅行のお得情報についてお話します。

 

まず、全国支援旅行の概要を説明します。

 

【全国支援旅行】

  • 旅行費の40%を補助+地域で使えるクーポンがもらえます。
  • 補助の上限は宿泊のみで5,000円、ツアー(交通費+ホテル)で8,000円となります。
  • クーポンは平日の場合は3,000円、休日は1,000円もらえます。
  • 平日、休日の定義は宿泊日及び翌日のどちらかが平日であれば、平日扱いとなるため、日曜日~金曜日は平日、土曜日に宿泊する場合のみ祝日になります。

 

 

では、なぜツアーで行くなら2泊以上なのかですが、割引を最大限に受けやすくなるからです。

 

具体的な例を挙げて説明します。

 

金曜日に有給をとり、金曜日~土曜日に東京から大阪に遊びに行くとします。

金曜日の朝から新幹線で大阪へ、ビジネスホテルで一泊して土曜日に大阪から東京へ戻ります。

ホテルにも依りますが、価格は30,000円とします。

全国支援を使うと、22,000円(=30,000ー8,000)、3,000円分のクーポンが付きますので、実質19,000円です。

 

では、2泊した場合はどうでしょうか?

ツアー1泊で30,000円なので、1泊増えても35,000円くらいです。

ここから全国支援を使うと、21,000円(=35,000ー14,000)+6,000円(休日を挟む場合は4,000円)のクーポンが付きますので、実質15,000円(休日を挟む場合は17,000円 )となります。

 

あれ?なんで2泊したほうが安いの?となりますよね。

理由は、補助上限8,000円を使い切っているかどうかです。

 

1泊の場合、補助は上限まで使っているため、割引額は8,000円です。

一方、2泊の場合、割引上限が16,000円に上がり、14,000円分の割引となります。

つまり、2泊する事で5,000円しか金額が上がっていないけれど、補助は6,000円上がっているので、安くなります。

さらに宿泊日数が増える事でクーポンも増額となります。

 

 

よって、宿泊日数が多い方が安くなります。

 

オススメはちょっと頑張って木曜日の夜から出発する事です。

 

例えば、木曜日仕事終わりに新幹線に乗り、大阪へ向かいます。

その日はホテルに泊まるだけ、次の日朝から遊びます。

金額は安くなる上にクーポンは6,000円分もらえるためかなりお得です。

 

いかがったでしょうか?

全国支援旅行のような、一時的な制度については使い方のコツのようなものが多いです。うまく使う事でより良い恩恵を受けたいですね。

【第15回】子供の育て方について ~家族は小さな会社であるという考え方~

今日は「家族は小さな会社であるという考え方」という内容で話をしていきます。

 

結論から言うと、「家族を小さな会社であると考えると、見えてくることがあるため、たまには会社としての視点を大事にしてもいいのではないか」という事です。

 

詳しくお話します。

 

まず、会社は社長、課長、一般社員など様々な役職がいて、大まかには、社長が会社の方針を、課長が課の方針を、一般社員がその方針に従って業務を行う形態です。

 

一方で家族もそれに近いところがあり、社長及び課長が父親、母親が担い、一般社員が子供に置き換える事ができます。

 

家族に依っては、社長が父親、課長、例えば経理(家計管理)が母親等、職務分掌がはっきりしていたりしていなかったりするかと思います。

 

では、親(社長、課長)の方針が定まっていなかったら、子供(一般社員)はどうなるでしょうか?

おそらく、どうやって生きていけば良いか(仕事をしたらよいか)わからなくなります。

例えば、「進路どうしよう」とか「この習い事がしたい」と色々な悩みや相談したい事があっても、親が相談に乗ったり、方向性を示してあげなければ迷ってしまいますよね

 

もちろん自分のやりたい事を自分で見つける事ができればよいですが、それが苦手な子や幼稚園、小学生にとって自分のやりたい事を見つける事ができないと思います。

 

そういった時に親のサポートが大事です。

 

ただ、気を付けたい事は、会社と家族では人と人の距離が違う事です。

 

家族の方が会社より人との距離が短く、会社では話せないプライベートな話をすることができます。よって、会社で上司が部下に指導する事と同じように親が子供に指導するとおかしくなります。

 

家族によってその距離の取り方は様々かと思いますが、距離感についても気を付ける必要があります

 

いかがだったでしょうか?

今回は会社と家族を比較して家族の考え方を話してみました。

何か考えるきっかけになればと思います。

【お得】県民割の最大活用方法

今日は県民割の最大活用方法についてお話します。

 

結論から言うと、県民割と旅行サイトのサービスを併用するです。

 

詳しくお話します。

 

最近コロナが再拡大してきていますが、県民割は延長を繰り返し、今のところ8月末まで利用可能です。

 

基本的に県民割は、

6,000円以上で3,000円補助+2,000円の地域クーポン

10,000円以上で5,000円補助+2,000円の地域クーポン

となっています。

(県に依っては異なる場合がありますので、利用する県のHPを確認してください)

 

例えば、6,000円のプランであれば、支払は3,000円で2,000円の地域クーポンがもらえますので、実質1,000円の負担になります。

 

この1,000円を旅行サイトのサービスでできるだけ下げる方法を紹介します。

 

楽天トラベルスーパーディールの旅行プランを利用する

楽天スーパーディールは、旅行プランだけでなく楽天市場の特定の店舗・商品に対して多くのポイントが付くもの。最大で40%の還元があります。

 

6,000円のプランであれば、支払は3,000円、合わせて2,000円の地域クーポンがもらえます。さらに40%ポイント還元であれば、支払額の3,000円の40%、つまり1,200円分の還元になり、実施+200円になります。

(実際には税抜き価格からの計算になりますので、ポイントは若干少なくなります)

 

また、小学生以下の子供と宿泊する事でポイント還元もありますので、併用するとなお良いですね。

 

じゃらんのポイントを使用する

不定期でじゃらんの宿泊ポイントが付与されます。そのポイントを使って宿泊するという事です。シンプルですね。

じゃらんではネットで事前決済をする事で10%のポイントが付きます。

このポイントはじゃらんの限定ポイントなので、宿泊に使っていきたいですね。

 

JTBの1万円のプランで4回旅行に行く

JTBでは1万円の旅行プラン2回で2,000ポイント、3回で5,000ポイントもらえます。

ポイントをもらっても使わなければ意味がないので4回宿泊する必要があります。

他にもJTB独自のクーポンと併用でき、クーポン使用前の金額が1万円を超えていれば対象となります。

 

いかがだったでしょうか?

コロナが再拡大していますが、しっかり対策をしていれば感染する可能性は低くなるかとおもいます。この県民割は私達が納めた税金からですから、お得に利用していきたいですね。無駄に旅行に行きまくるのは無駄遣いですから、できるだけお得に使いたいですね。

 

私のオススメは、楽天のスーパーディールプランを使う事、食事付きプランを使う事です。ホテルというより、豪華なマンガ喫茶の個室を使うイメージ。

静かな個室で本を読んだり、仕事をしたりしています。

 

是非参考にしてみてください

【第14回】子供の育て方について ~おすすめの本「子育てで毒親になりそうな時に読んでほしい本」~

今日は子育てに関する本について紹介します。

 

今日紹介する本は「子育てで毒親になりそうな時に読んでほしい本」です。

著者は井上智介さんで、毒親にならないための事だけでなく、子育てに関する昔の考え方と今の考え方の違いを丁寧に解説し、子育てに行き詰りやすいポイントと解決方法が書かれています。

 

今日はその中で、特に印象に残った言葉をいくつか紹介します。

 

  • 子供のための子育てでなく、親のための子育てにならないようにする
  • 手塩にかけないとではなく、完璧を求めず「考え方に柔軟に対応できるか」が大事
  • また、ストレスにうまく向き合える事も大事。子供を預けてカフェに行くのも良し
  • スマホはルールとペナルティを決める。1日1時間、破ったら3日使用禁止など
  • 否定語を使わない。例えば、「走るな」ではなく「ここは歩こう」等

 

まず、「子供のための子育てでなく、親のための子育てにならないようにする」です。

 

子供のためと思ってやっているつもりが、いつの間にか自己満足や自分の評価のためになっているかもしれないという事。自分の評価=世間の評価と勘違いして、周りから「えらいね」と言われるような行動を子供にとらせる事などが該当します。

 

自分の親がそうだったので、身に染みてよくわかります。

ただ、子育ては褒めてくれる人がいないので、このような行動になってしまいがちな事はわかりますが、意識して避けないといけないですね。

 

続いて2つ続けてですが

「手塩にかけないとではなく、完璧を求めず「考え方に柔軟に対応できるか」が大事」
「ストレスにうまく向き合える事も大事。子供を預けてカフェに行くのも良し」

です。

 

要は、力を入れすぎないという事。「最高の教育を」と一生懸命になりすぎると親がまいってしまいます。

近くに頼れる人がいれば、子供を預けてカフェに行くなど気分転換をしてもOK

子育ては長期戦ですから、定期的に気分転換できる方法を見つけましょう

 

スマホはルールとペナルティを決める。1日1時間、破ったら3日使用禁止など」

私自身スマホやTVゲームなどとどのように付き合っていけばよいか迷っていました。

この本では、「大人でも依存症が高いものを子供にコントロールできない」とあった事に納得しました。

ルールは子供と相談して決めようと思っています。

 

「否定語を使わない。例えば、「走るな」ではなく「ここは歩こう」等」

これも実体験から納得です。特に私の親は「○○すべきだから✕✕するな」と言っていました。

親の言葉は子供にとっては凶器にもなりえますから、言い方には注意したいものです。

 

いかがだったでしょうか?

こちらの本には他にもたくさんいい事が書いてあります。

本当に読んでほしい本の1つなので、是非読んでみてください。

 

また、著者の井上智介さんは他にも「職場のめんどくさい人から自分を守る心理学」の本も出されており、子育てとは関係ありませんが面白かったのでおすすめです。